HEROに主題歌がない理由

「HERO」映画版オリジナル・サウンドトラック [ 服部隆之 ]


2期目になる「HERO」に主題歌が無いのは、「メインテーマ」の方が強いから必要が無かったと言うお話。

2001年の第1期は宇多田ヒカル(31)の「Can You Keep A Secret?」が主題歌としてエンドロールにかかってました。
 宇多田ヒカル / Can You Keep A Secret?


でも、、06年にスペシャルドラマ化、07年に映画化されたましたが、主題歌は採用されていません。


『HERO』というドラマを分かってもらうためには、1つのもので印象をつけていった方が効果的なんじゃないか、と。であれば、ドラマが始まる前のPRスポットの段階から『HERO』というタイトル(言葉)と服部さんのメーンテーマのメロディーで勝負した方が効果的なんじゃないか」という結論に至った。

今シリーズで使用しているのは映画版のサントラで「若干リッチ。オーケストラの編成も大きく、映画サイズの楽曲」。並木道をバックにしたオープニングにかかるメーンテーマと、エンディング(エンドロール)にかかるメーンテーマはアレンジを変えている。

 「オープニングは弦楽器の音が前面に立っていて、エンディングはちょっと音が軽快。音の厚さ・薄さでいうと、たいぶ薄くなっています」。服部氏、音響効果担当、鈴木雅之監督が話し合い、決まった。

 服部氏には新曲も依頼し、6曲が完成。(1)「HERO」14年版のテーマ曲と呼べる「サブテーマ」(2)「久利生のテーマ」14年版(3)「ラブテーマ(心情曲)」(4)「日常のテーマ(コミカル)」(5)「事件のテーマ」(6)「エピローグ」

 (1)は第1話、森山直太朗(38)演じる被疑者を久利生公平(木村)が最後に取り調べるシーンに流れたもの。「検察とはどうあるべきかというメッセージ性も強く出していこうということだったので、大人な雰囲気、硬派な雰囲気を出してもらいたかった。そこはすごくカッコいい曲を書いていただいて、非常に満足しました」

 (2)は久利生が“お出かけ捜査”に行く時に、よくかかる。「新・久利生のテーマは打ち込み系。現代風の要素も即、取り入れてくださり、新鮮な印象を受けました」

 (3)は第5話、川尻部長(松重豊)がバーで特捜部を外された過去を打ち明けるシーンに流れた。
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/09/01/kiji/K20140901008848850.html




今の『HERO』は主題歌はありませんが、“服部メロディー”の音楽がないとできなかったってことですね♪

HERO 8話 「メガネ型双眼鏡」

久利生公平(木村拓哉)が8話で通販で買った商品は「メガネ型双眼鏡」

普通に実在していました。

メガネ型双眼鏡


サッカーや野球など、広いグラウンドで行われるスポーツを観戦するときは
双眼鏡を使う事が多いと思いますが、手がふさがれてしまうのは、結構不便
なので、手放しで観戦するために便利なのが、メガネ型双眼鏡♪

さらにレンズはサングラスにも切替が可能で、眩しい日や逆光でも安心して観戦できるそうです

確かに。。。便利かも・・・・・

HERO 8話 あらすじ

暴力団の抗争で、城西支部に暴力団幹部を襲撃して殺害したと自首してきた被疑者が、やってくることになった。

宇野検事
「この前すれ違ったら、すっげ~怖かったんだような。。。」

田村検事
「そうそう、特に家族連れだとビビるんだよな~」

馬場検事
「どうせなら、イケメンの若い男の子がいいな」


などと、検事たちは、暴力団員同士の事件で面倒に巻き込またくないと引き受けるのを嫌がった。
と言う事で、久利生公平(木村拓哉)が担当に。

 被疑者、権藤明(池内博之)の到着より先に、城西支部を小此木誠(鶴見辰吾)という弁護士が訪ねてきた。小此木は暴力団の顧問弁護士で、権藤の弁護人。見るからに強面の小此木は、久利生に速やかに検察での取り調べを終わらせようと促す。そんな時、権藤が警察官とともに現れた。

久利生検事はどこだと聞かれてたところに、通販で買ったメガネ型双眼鏡を付けた久利生検事がでてくる

>>ハンズフリーでラクラク!メガネ型双眼鏡


帰ろうとした小此木は、宇野大介(濱田岳)、末次隆之(小日向文世)と会う。すると小此木が宇野に声をかけた。小此木と言葉を交わす宇野に、末次は関係を尋ねる。宇野は、小此木は自分が司法修習生の時の先生だったと末次に答えた。

 久利生による権藤の取り調べが始まる。
事件の経緯を棒読みで語る権藤。

「権藤さん。これ本当に権藤さんやりました?」

「はい。」

ここで久利生検事。疑問を持った。
>>身代わり

「権藤、あれ身代わりじゃない?いや~どうもスラスラスラスラ答えるから」

そこで遠藤事務官が「あ~」とか言うので、みんな気になって何かと思い聞きたがったが、

「身代わりと、お代わりって似てるなと思って。後、緑茶割り?」

とか言って、唖然・・・

「・・・・」

そこで、末広さん

日替わりの方が似てると似ているかと」

みんな妙に納得(笑)

久利生は麻木千佳(北川景子)と一緒に警察署に向かい、担当した警察官に、権藤が身代わりではないかと尋ねる。すると、警察官は

「日替わり?」

とか聞き間違えるが、あっさりそうだろうと返事が返ってきた。

末広さんが、久利生検事に電話をかける。宇野検事が、小此木弁護士の教え子だと教えて、この情報は重要度何点か聞く。

「3点」

と言われて、がっかり。

 宇野は再会した小此木と飲みに行くことに。

そこで宇野は、なぜ小此木が暴力団の顧問になったのか聞いた。

「君はこう思ってるんだろう。暴力団は悪で、弁護士は正義。弁護士と言うのは郷の肯定。すべてをひっくるめて認めてやることが必要」

検事なんかやめちまえまで言われた。

そして、久利生検事のの権藤への取り調べは続く。

ドーベルマンがどっちに行ったかを聞くと

「。。。あれは東ですか?」

「正解」

まるで、クイズ大会の様相。覚えてきたことを暗証しているからそうなるのだ。
〇×クイズ


だが、権藤は身代わりであることを認めようとしない。

「撃たれた被害者がどうなったか」

と聞くと、すごいリアリティーで話す権藤。

その話を小此木弁護士に話す。死んだ後どうなったかを詳しく話すのは小此木弁護士から言われたことらしい。
小此木弁護士は、こっちも手を打つと去っていく。

久利生検事と麻木事務官は、いつも事件現場へといく。手がかりが見えないので、
「また明日来ますか」

なんて言って、久利生検事に「前は出かけるってだけで怒ってたのに」と茶化される。

帰ってから他の検事達にも、身代わりなら口は絶対割らないと言われる。
久利生検事検事だけ残って、みんな帰ることに。
麻木事務官は
「よーし、今日は一人天ぷらだ~」

とうきうきだが・・・・

玄関までいくと、暴力団の集団が待ち構えていて、銃を撃つ真似をして脅され、みんなびびりまくる。

牛丸次席も、河東組に狙われると危険だと心配しはじめる。

次の日、全員、変装して出社してくると、小此木弁護士が待っていた。
hero2.jpg

「う~ん、何だか以前もしたような。。」
HERO1でも、みんな変装してきてた回がありました(笑)
hero1.jpg


警察に行って、捜査を続けてくれと言いに行くと

「一番危ないのは、久利生さんですよ。今度は本物の銃弾打ち込んできますよ」

と言われる。

城西支部には、久利生検事に封筒が送られてくる。その中には、夜中1時にラーメンを食べている久利生検事の姿が。

「やっぱり狙われているのは久利生さんですよね。」

とみんなちょっとほっとする。

麻木事務官は心配するが、

「じゃあ、向こうが言う通り、無罪の人を起訴しろっていうの?」

「なあ?
俺らが一番守んなきゃいけないもんって、何?
世間を不安にさせないようにするために起訴することが正しいのか?」

浅野検事にも、心配される。
「俺たちの仕事に例外はないんじゃない?
責任取るべきやつに責任取らせんのが俺ら検事の役目でしょ?」


小此木弁護士は
「大丈夫。警察はビビってるよ。刑が決まったらしっかり勤めておいで」
と言われて、うれしそうに
「はい」
と言う権藤。

しかし、久利生検事はあきらめない。
抗争員の写真を並べて、「撃った人はどの人です?」と権藤に聞く。
身長165㎝の痩せ型だから、権藤が選ばれたんだからね。と最終的に5人の写真を選び出す。

でも、

「やったのは俺です」

と一歩も譲らない権藤。そこで、決められないのでと

「証拠不十分で不起訴」

と決める久利生検事。

「お前身代わりになれ。勤めを果たして無事に帰ってきたら組の幹部にしてやるよと言われたんでしょ?」
と言ったところで、麻木事務官が
「そんなことはありません。判事は無期懲役を言い渡します。どのみち、幹部には成れないと言うことなんです。」

久利生検事

「権藤さんのこれからの人生、今、棒に振ろうとしているんですよ」

と言われるが、

「嘘だ。。嘘だ。。俺を、起訴してください。お願いします。お願いします。」

と泣き崩れるが、、結局、不起訴に。

小此木弁護士に、

「どうして、身代わりだと思ったんだ」

と言う問いに、小此木弁護士がでてきたからと答える。

「普通だったら、組から破門になるような事に、組の顧問弁護士がでてきちゃうんだもん。」

でも、次席も、部長も

「私も、不起訴にしますね」

と、みんな同じ事を思っていたと同意をしめす。

権藤が釈放されて外に出た日、外にはすごい顔したすごい数の暴力団の集団が。

権藤は浮かない顔してる中、久利生検事が、

「組長さんに言ってもらえますか?身代わりなんて出さないで、早く真犯人だせ!!!って」
暴力団員は、

「夜道を歩き時は用心してください」

と言うが、

「無理だな。。どうしても、夜、ラーメン食べたくなっちゃうし。あっ、今ので十分、脅迫罪と、公務執行妨害で、現行犯逮捕できちゃいますよ」

権藤にも、

「これからの人生、よ~く考えてくださいね」

と声をかける。

すると、その後小此木弁護士が、

「もうちょっと、検察は融通きかした方がいい。人間がやることを簡単に善悪で線引きしていると。。。うらまれますよ。」

と言いに来た。

が、川尻部長がここでいつものように切れて受けて立つと言う。
「暴力団に恨まれるなら、覚悟のことだ。そしてもし、久利生が襲われるようなことがあれば許しませんからね。我々が全力を挙げて河東組を潰します!」

浅野検事が、小此木弁護士に聞きに行く

「どうして暴力団の顧問を。」

「でも、検察が杓子定規で、やくざが人間らしいと言うには、大嘘です。検事にもおもしろい人がいるんです。」
僕は検察を辞めることはないとキッパリと言い切ったのだった。


久利生検事が、麻木事務官と屋台でラーメンを食べてる。
麻木事務官がやくざに絡まれた時の対処法を教える。
>>マンガ暴力団 対暴力団の危機管理マニュアル 出会う前に知っておきたい

「いいですか?やくざにからまれたら時の対処法、逃げる。とにかく逃げる。走ってげる。全力疾走。」

そこに、刑事がくる。

新しい目撃証言がでて、真犯人が見つかったことを告げる。あの5枚の写真の中に居た一人だった。

刑事は、全力で犯人を見つけると誓うのだった。

食事が済んで一服しようとした久利生検事。
でもライターがない。

その時、横手からジッポライター出された
>>ZIPPO ジッポ ライター

「あるよ」

なんと、マスターがでないから、気の抜けた炭酸みた~い~って思ってたのですが、マスターもラーメン食べにきていました♪

Hero マスター 「いいよ」 言い忘れる

「HERO」(フジテレビ系)にマスター役の俳優の田中要次が29日、友へ チングの続編、映画『チング 永遠の絆』のトークイベントに出席しました。

でも、見どころは?と聞かれて

「あるよ」

と答えるのを忘れたとか(笑)

「もう1回やり直していい?」とお願いして

司会者が「お二人のこだわりの生き方というのはありますか?」

と聞き直すことに。

そこで、「あるよ」と答えて、客席から拍手を受けたそうです♪

HERO外でも、「あるよ」言い続けなくちゃいけないの大変ですね~

HERO 7話 あらすじ ネタバレ

 検事・久利生公平(木村拓哉)と検事・馬場礼子(吉田羊)が『St.George’s Tavern』で飲んでいる。

「ああ~これね。城山圭吾」

久利生検事が携帯で調べる。女性に暴力をふるう最低男。でも、馬場検事は時間をかけたい事件があるので、久利生検事に頼むことに。

ナイスクールバンドのTVCMが流れている

4時間経ってももまだ冷たい!



馬場検事。がんがんマスターに飲み物のお代わりを頼む。そして酔って昔付き合っていた男の愚痴をこぼしだす久利生検事。
ついに、礼子の口から久利生もビックリの男の名が・・・。

 次の日、久利生は馬場検事からすごいことを聞いたと風邪気味の麻木事務官に言おうとしたところで、被疑者がやってきた。
馬場検事から頼まれた事件、被疑者は城山圭吾(竹財輝之助)。城山には同居中の恋人、綾野さくら(中村ゆり)への暴力による傷害容疑がかけられていた。
拳で殴打し階段から転げ落ちてけがさせた。5年間同棲していた相手。

くしゃみが止まない麻木事務官。

「ぷしっ!」

とか変なくしゃみで久利生検事に

「お前は炭酸か」

とか言われる。

とりあえず、城山は、別れを切り出されてカッとなったと素直に容疑を認める。

取り調べを終えて、青山のジャンジャン堂で買ってきたジャンジャン豆を食べながら、久利生検事がくつろぎながら、川尻健三郎(松重豊)に熱海への出張を申し出る。城山の被害者、さくらの事情聴取のためだ。もちろん、麻木事務官も同行を申し出るが、1泊2日の2人きりの出張と聞いた検事・宇野大介(濱田岳)は気が気ではない。

 そんな城西支部に、検察官請求予定証拠の閲覧のため弁護士・梶原洋人(戸次重幸)が来ていた。顔を合わせた馬場検事と梶原弁護士は二人で驚く。

「あなた・・・私の別れた旦那」

この話に、田村雅史(杉本哲太)、末次隆之(小日向文世)の胸が騒ぎ出す。遠藤賢司(八嶋智人)たちも興味津々。

 久利生は、麻木事務官は二人で熱海へ。
下のプールでははしゃぐ観光客の声。素敵なホテル。


だが、37.8度の熱がある麻木事務官。風邪が悪化してしまった。久利生は千佳をホテルに残して、さくらに会いに行くことにした。

被疑者の取り調べしていて、

「別れた女房とより戻したところだ~。熱海はやばいよ~」

と言われてな尚更気が気ではない宇野検事

田村検事は梶原弁護士の事が気になってしょうがない。担当の被疑者が

「元旦那か。。。やっぱり一番わかってくれるのは元旦那」

とつぶやく・・・

そんな中、馬場検事に、

「君って、こんなに笑顔がきれいだったけ?離婚は失敗だったかな~」

と、思わせぶりに言って立ち去る梶原弁護士

それを、川尻部長が、不審そうな顔で眺めている。


母親に伴われて久利生と面会したさくら。

「ようするに、だらしのない男なんです」

と、母親。

「暴力はそれまでもあったんですか?」

と言う問いに

「はい」

と答えるが、

「何度も?」

母親が返事を遮って話す。

「傷害罪の処罰を望まれますか」

と聞いても返事を遮るように母親が城山の処罰を求める

久利生はさくらの意思を感じることが出来なかった。

ホテルに帰ると、麻木事務官の熱は38.1度に上がっていた。

宇野検事は久利生検事らがリゾートホテルに泊まっているとわらわら

田村検事は、馬場検事の元夫が気になってしょうがない。事務官3人は、田村検事と馬場検事の間についていろいろおしゃべり中。
田尻部長に、叱責される。
田尻部長が馬場検事に言いにくると、田村検事に嫉妬されてて喜んでいる馬場検事。

すっかり、3人の事務官に馬場検事と田村検事の昔の仲がばれることに。。ちなみに、馬場検事が好きな末次事務官は、それを聞いて失神・・・・

38.3度に熱が上がった麻木事務官。それでも、仕事をつづけてる。が、久利生検事がプールにいるのが気にいらない。
「まさか遊んでるんですか?」
そのタイミングで宇野検事が
「熱海は楽しいですか?まさかプールで遊んでるんですか?麻木事務官はどんな水着を着てるんですか?」

変な電話ばっかりかかってくる中、さくらから、さっき話せなかったことを話したいと会うことに。

「彼だけが悪いわけじゃない。階段から落ちたのは、私が足を滑らせただけで私の責任なんです。彼は罰を受けなくはいけないんでしょうか?けいちゃん私がいないとだめなんです。」

「告訴取り下げるつもりですか?それがさくらさんの結論?。。。明日またもう一度会いましょう」

奥熱海診療所の前で待ち合わせる麻木事務官と久利生検事。
帰りのバスで、田村検事と馬場検事が昔付き合っていたことを麻木事務官にバラす久利生検事。

「きっとあれですよ。前に進むよりも、その場に留まっている方が楽なんですよ」

と言う麻木事務官の言葉にちょっと考え込む久利生検事。

そこに、送検されて取り調べされている立場の城山をみかけ追いかける。
刃物でも入ってたとんでもないと、バックの中を調べると、さくらから来た手紙や写真をたくさん見つける。

礼を言いに来たと言う。こんな俺を支えてくれてありがとうと。あいつとは別れます。

「でも、直接会わすわけにはいかない」

と、久利生検事。それなら写真など全部入った紙袋渡してくださいと言われるが、、、

ホテルに帰ると、通販で朝頼んだナイスクールバンドが届いていた。
それもって、麻木事務官の作った書類チェックに。
付けた間抜けな姿を笑われながらも、ナイスクールバンドを付けて、ぐっすり寝てしまう麻木事務官だったが・・・

朝起きたら、・.*:+:(*´∀`*)スッキリ:+:*.・爽快♪

久利生検事は、さくらに会いに行く。
紙袋を渡されて、城山から渡された手紙を読んで、告訴を取り下げると言うさくら。

でも、久利生は。。。

「城山さん、ずるいんじゃないですか。ほんとは、別れるつもりないんじゃないんですか?こうすれば許してくれるってわかってやってるんじゃないんですか?今までもこういうこと何回もあったんじゃないんですか。」

「だから彼がやったことを許しちゃいけないんじゃないんですか?犯罪になるようなことしたんだから。罰は受けるべきなんですよ。その上で愛があるならそれはそれでうまくいくんじゃないんですか?」

梶原弁護士が、馬場検事に「食事しないか、話もあるし」と言うが、「あなたに会えてよかったけど、前を歩かなくっちゃ」

とキッパリ。

いつものバーで飲んでると、マスターに電話がかかってくる。
「しゃべる?」
と期待を込めて見つめていると。。。

スイカを出して一言



「あるよ」

ヒーロー ドラマ 視聴率

● 7月14日
第1話 久利生新たな伝説の始まりは時効寸前の宝石強盗 26.5%
とある居酒屋で食事中の久利生公平(木村拓哉)。店員に、自分は引っ越してきたばかりなど久利生が話をしていると、店内で争う音が。と、他の店員が客に突き飛ばされて階上から落下してくる。どうやら、客に突き飛ばされたようだ。久利生は、突き飛ばした客を追いかけ、必至の抵抗に遭いながらも、何とか取り押さえた。



HERO 特別限定版(3枚組) 【DVD】

2014年7月21日 第2話 久利生VS敏腕弁護士!女の敵…二人の痴漢の嘘と 19.0%

第2話で7.5ポイントも視聴率を下げることはかなりのレアケース。でも、20%近くをキープしているのはさすが。

2014年7月28日 第3話 真実の行方 コンビ解消の危機!?絶対に謝らない検事 20.5%

20以上に再浮上。「数字にとらわれている」様子はなく、「"らしさ"を貫くことでファンを大切にする」姿勢でこれからも行く模様

●2014年8月4日  第4話 美鈴検事登場!お前は俺が守る
18.7%
城西支部に京都地検から女性検事が出張してくる。その検事は、久利生公平(木村拓哉)や遠藤賢司(八嶋智人)、末次隆之(小日向文世)には懐かしい仲間、中村美鈴(大塚寧々)だった。美鈴には事務官の小金沢克雄(温水洋一)が同行している。宇野大介(濱田岳)が取り調べている健康器具詐欺の被疑者、土井垣次郎(西村和彦)が、関西でも同じ犯罪を行っていたため、美鈴はそちらの件での取り調べを行うことになる。

 一方、久利生は麻木千佳(北川景子)とマンホールの蓋を盗もうとして逮捕された飛田丞治(阿部亮平)を取り調べ。飛田は素直に犯行を認めた。しかし、久利生は逮捕から3日しか経過していないのに、飛田に寄せられた多くの減刑嘆願書が気に

前レギュラーを出しても数字の上昇を見られなかった上に、18.7%という過去最低記録を更新。

2014年8月11日 第5話 鬼の検事と秘密を知る少女の涙  21.0%
キレ気味の川尻は新たに加わった多くの案件を、渋る検事たちに八つ当たりのように振り分ける。久利生も珍しく新規案件の引き受けを躊躇。久利生はゴルフ場の吊り橋崩落でキャディーが怪我をした事件を抱えていた。取り調べを確実なものにするために、久利生は吊り橋の構造から勉強しようとしていたのだ。それでも、久利生は川尻の要請を断ろうとしないが、千佳が遮るり、川尻が担当することに。。。

視聴率21.0% 再び大台に

2014年8月18日 第6話 遠藤事務官逮捕!惨劇の合コン 20.1%

遠藤が合コン中のダイニングバーで早田稔がトイレで何者かに刺され重傷を負い、偶然トイレに居合わせた遠藤が殺人未遂容疑で逮捕される。東京地検特捜部検事、首藤礼二が城西支部に乗り込み遠藤の取り調べを行うが、首藤は事件について何も語ろうとしない。被害者の早田が大物代議士の秘書であることが明らかになるが、牛丸も事件については口を噤む。大物代議士の「黒い噂」がチラつく中、遠藤の無実を信じる城西支部の面々は独自の捜査を始める。

今週は引き続き、20%以上の大台で、まずまずですね♪

6話に出てきた「バーベキューチャージャー」


木村拓哉の久利生 公平が、すげ~すげ~言っていたバーベキューしながら携帯を充電できるバーベキューチャージャー。

ちゃっかりマスターはすでに買っていたましが現実に存在するようです。

その名も、

BioLite(バイオライト) グリル






でも、網で充電できるわけではなくて、バイオライト BioLiteキャンプストーブの方で充電できるようです。

たき火で発生した熱を電気に変換できるキャンピングストーブ
小枝や小さな薪などを燃焼室の中で燃やして電気に変換。
充電された電気でファンが稼働し、燃焼室の中に空気を送り込むことで燃焼効率が向上、たき火の火力が増します。
ファンを回すために十分な電力が蓄えられた後、余剰電力はUSBポートを通じて外部機器の充電に利用することも可能。ガスやガソリンなどの化石燃料を使わなくても強力で安定したたき火ができ、さらに発電も可能という画期的なキャンピングストーブ。



実際、マジで欲しくなる!!

災害があった時にも、重宝しそうな一品です!

Pagination

Utility

カテゴリー

RSSへの登録

ライブドアはこちら♪
Subscribe with livedoor Reader

はてなはこちら♪
はてなRSSに追加

サイトをRSSに登録して頂くと、
サイトに訪問しなくても
最新情報がすぐに見れます♪

便利なので、ぜひ使ってくださいね♪

フリーエリア

ブログ内検索

プロフィール

Author:mofumofu
こんにちわ♪
2人の子供ママしてます。子供達の世話で毎日あっという間に過ぎていきますが、がんばって産後ダイエットにはげむ毎日。成果は・・・(笑)