FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家政婦のミタ あらすじ 11回 最終回 中編

家政婦のミタ あらすじ 11回 最終回 中編

>>家政婦のミタ

ミタさんの豹変に対して、恵一に相談に行く子供たち。

恵一
「そうか、おじいちゃんに来てもらおう。あっだめだ、明日結婚式だ。」

ちょっ、、、それはちょっと唐突すぎませんか?

結婚式まで行って、うららを頼りに行く子供たち

子供たちも非常識すぎる。。。

結婚式を飛び出して、ミタさんのところに駆けつけるうらら。。。

うらら。。。

うららが来なくなったから、悪いことが起こるようになったと言い始める子供たち。

そしたら、

「私が、うららさんか、どちらかを選びなさい」

とミタさん・・・

「これは、子供たちが決めることです。」

結ちゃん
「私は、私達がどんなことがあっても、うららちゃんは、ずっと私達を大切に思ってくれるし、裏切らないって信じてる。
だから、うららちゃんは私達のそばにずっと居て欲しい。
あなたは、私達のお母さんじゃない。」

とその言葉に、ミタさん
「分かりました、私が出ていきます。止めても無駄ですよ。あなた達が決めたんだから」

出ていくミタさん。

その後をうららちゃんが追って・・・
>>母親の役割という罠






「ミタさん、全部わざとでしょ。結ちゃんに出てけってわざといわせようよしたんでしょ」
そう言ううららちゃんをわざとらしく殴るミタさん。

そして、起こったうららちゃんに、家政婦のミタさん。

「そうやって怒って下さい。泣きたいときには泣いて下さい。ご機嫌をとって顔色を伺うのもやめてください。
あの人達の家族になりたいなら。本当にあの家族を守るなら。」

「あなたは言ってきたことはすべて楽しいんです。ただ伝え方が間違っただけです。
今までどおり、あなたがババを引いて、あの家族に振りかかる災をはねとばして下さい。」

「あなたは、わたくしのようになっては、絶対だめです。」

うららちゃん

「私はずっと、笑顔を忘れずに生きていく。。。」

そこで去って行こうとするミタさんに、、恵一、、

「ミタさん。こんな形で去っていくのじゃなく。そうだ、明日はクリスマスイブだ。子供たちと一緒に居てくれませんか?」

結ちゃん
「私からもお願いします。」

ミタさん
「承知しました。」





>>家政婦のミタ あらすじ 11回 最終回 前編
>>家政婦のミタ あらすじ 11回 最終回 後編
関連記事

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

カテゴリー

RSSへの登録

ライブドアはこちら♪
Subscribe with livedoor Reader

はてなはこちら♪
はてなRSSに追加

サイトをRSSに登録して頂くと、
サイトに訪問しなくても
最新情報がすぐに見れます♪

便利なので、ぜひ使ってくださいね♪

フリーエリア

ブログ内検索

プロフィール

mofumofu

Author:mofumofu
こんにちわ♪
2人の子供ママしてます。子供達の世話で毎日あっという間に過ぎていきますが、がんばって産後ダイエットにはげむ毎日。成果は・・・(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。